IMG 0163

亀時間の第三弾手ぬぐいデザイン公募。
全60作品の中から亀時間のスタッフ及び関係者計9名での投票を行いました。
1位を3ポイント、2位を2ポイント、3位1ポイントととして集計。3.5ポイント以上を獲得して一次選考で残った作品は以下の5作品です。

1次審査通過作品

5.

te_23

豆甲羅

亀の甲羅を豆絞り的に散らしてみました。

鎌倉市
Sさん

41.

te_08

福の亀

第一弾が青、第二弾が青緑と朱色だったので、黄色をメインカラーにしました。左側の黄色いベタ塗りは宿を表し、白い亀を宿泊客を、黄色い亀はこれから来るお客さまを表しています。

東京都
Sさん

38.

te_58

ポップ

使いやすいようにかわいくポップに仕上げました。

大阪府
Yさん

3.

te_25

積石亀甲2017

伝統文様の積石亀甲を21世紀の感覚で色付けしてみました。

鎌倉市在勤
Mさん

4.

te_24

亀甲と青海波2017

亀甲と青海波2017

材木座の海を青海波で、亀時間を亀甲で表現してみました。

鎌倉市在勤
Mさん

鎌倉市在勤
Mさん

スタッフが選んだ1位作品

スタッフ投票の1位は全員違うという興味深いという結果になりました(笑)。クオリティの高い作品が集まったからということもありますが、スタッフの趣向の多様性を表しているようでもあります。

3.関係者K一押し

te_25

積石亀甲2017

伝統文様の積石亀甲を21世紀の感覚で色付けしてみました。

鎌倉市在勤
Mさん

4.スタッフH一押し

te_24

亀甲と青海波2017

材木座の海を青海波で、亀時間を亀甲で表現してみました。

鎌倉市在勤
Mさん

5.スタッフR一押し

te_23

豆甲羅

亀の甲羅を豆絞り的に散らしてみました。

鎌倉市
Sさん

23.スタッフS一押し

te_09

goen

ホームページを見て、亀時間は、緩やかな時間の流れのなかで、たくさんの縁が生まれる場所なんだろうなと感じ、円を用いたデザインにしました。あたたかい雰囲気がでるように、円は手書きの線をもとに制作しています。ロゴの亀さんの表情がとても気持ちよさそうで、亀時間の時間の流れや、居心地が表れていると思い、図柄に組み込みました。

愛知県
Sさん

27.スタッフT一押し

te_40

波のような和柄をデザインし、亀時間のロゴをつけた。

長崎県
Yさん

29.スタッフE一押し

te_42

つながりかめじかん

私は亀時間さんに泊まったことはないのですが、HPを見ていて「温もり」を感じ、「繋がり」を大切にしているように思いました。そこで、「亀」の字を柔らかくし、繋げてデザインしてみました。

東京都
Kさん

35.スタッフM一押し

te_52

たからもの

様々に流れてゆく時間の中で大切なもの、きらきらした宝物が見つかりますようにと、願いを込めた作品です。海辺に住むフジツボや宝石、亀の甲羅をモチーフに描きました。

大阪府
Oさん

41.関係者U一押し

te_08

福の亀

第一弾が青、第二弾が青緑と朱色だったので、黄色をメインカラーにしました。左側の黄色いベタ塗りは宿を表し、白い亀を宿泊客を、黄色い亀はこれから来るお客さまを表しています。

東京都
Sさん

42.お手伝いV一押し

te_07

亀はのんびり鎌倉散歩

鎌倉の街をのんびり散歩する亀の足跡をデザインしました。忙しい日常から離れてのんびりのんびりいきましょう。そうすれば新しいアイディアもうかぶかも?

藤沢市
Iさん

入選作品

2.

te_26

亀時間6周年、鎌倉の海と川(その2)

鎌倉といえば海、そして滑川。川の線を6本にすることで亀時間の6周年を祝福したいと思います。

逗子市
Mさん

11.

te_13

無題

兵庫県
Oさん

15.

te_10

夜空と亀時間

月には亀を浮かべ、天の川と滑川、星と蛍をかけております。上下の端には花亀甲という柄を付けました。

茨城県
Eさん

21.

te_45

兎時間、亀時間

童話うさぎとかめにでてくるうさぎさんはとても足が速い。かめさんは到底おいつけない。
余裕を出して途中で休んでしまううさぎさんはかめさんに追い抜かれてしまう…こつこつ頑張り続けたかめさんの勝ち。
社会には、追随を許さず走り続けるうさぎさん、先を行って余裕をみせた結果追い抜かれてしまううさぎさんの様な人もいれば、こつこつと地道に頑張るかめさんの様な人もいます。
なにが正解とかはない、でも、ずっと走り続けるのは誰だって疲れてしまいます。
うさぎさんもかめさんもみんなきっと「亀時間」さんを必要とする、「亀時間」さんに元気をもらえる、たまにはゆっくりほっと一息ついて、またがんばりましょう。という想いをこめました。

北海道
Yさん

25.

te_31

亀のさんぽ

亀が海辺をさんぽするゆるりとした時間が流れるときを「亀時間=お客様」をデザインしました。
ブランドとしてKAMAKURAを入れました。

東京都
Mさん

31.

te_47

カメさん万華鏡

亀時間がゆっくりとつづいていくイメージです。

山口県
Fさん

53.

te_43

兎時間、亀時間

童話うさぎとかめにでてくるうさぎさんはとても足が速い。かめさんは到底おいつけない。
余裕を出して途中で休んでしまううさぎさんはかめさんに追い抜かれてしまう…こつこつ頑張り続けたかめさんの勝ち。
社会には、追随を許さず走り続けるうさぎさん、先を行って余裕をみせた結果追い抜かれてしまううさぎさんの様な人もいれば、こつこつと地道に頑張るかめさんの様な人もいます。
なにが正解とかはない、でも、ずっと走り続けるのは誰だって疲れてしまいます。
うさぎさんもかめさんもみんなきっと「亀時間」さんを必要とする、「亀時間」さんに元気をもらえる、たまにはゆっくりほっと一息ついて、またがんばりましょう。という想いをこめました。

北海道
Yさん

明日13日にスタッフ選考会を行い、10月15日に結果をホームページ上にて発表いたします。楽しみに待っていてください!

<MASA>