亀時間2021年賀状

新年明けましておめでとうございます。
ひとまずは、またこの場でご挨拶できることを喜びたいと思います。

昨年はコロナに翻弄された一年でした。
緊急事態宣言が出されて以降、4月、5月はほとんどお客様がおらず、厳しい9周年を迎えました。

宿にお客様が来ない中で、少しでも前を向こうと、オンラインイベントにも積極的に参加。
亀時間がこの苦境をどうやって乗り越えていくのかについて、同業者から他業界の方までアドバイスをいただきました。

全国の宿泊施設を応援する「みらいの宿泊券」のクラウドファンディングに参加すると、
すぐに亀時間への応援の気持ちを形にしてくれた方々がいました。

一方で亀時間のスタッフは、9周年記念でエプロンを販売する企画を立ち上げてくれました。
お蔭様で販売開始3日目で即完売。
KICHIYA-PATTERNさんによる縫製作業は数か月に渡る重労働でしたが、材料費を除く売上を全て亀時間の存続の為に寄付してくれました。

ヨルカメでお世話になっているmeCURRYさんも1か月分の売り上げを寛大にご提供してくれました。
将来の亀時間貸し切り予約金として全額先払いいただいたお客様、神棚を守って欲しいとご寄付いただいたお客様もいました。
詳細を列挙することはできませんが、常連のお客様たちからも多大な有形無形のご支援をいただきました。
こんなにたくさんの人の優しさに触れることは人生でもなかなか無いことで、どんなに感謝してもしきれません。
この場で改めて心よりお礼申し上げます。

しかし、なんとか2020年を乗り切ったものの、コロナの影響は現在進行形です。
亀時間の大家さんにもご支援いただき営業を続けていますが、
正直なところ、このままの状況が続けばいつかは存続を諦めなければならないタイミングが来ます。

ご宿泊いただける方は、是非一回でも多く泊まりに来ていただければ、それが一番有難いご支援の形となります。
それぞれのご事情で来たくても来られない方がいることも承知しています。
何らかの形で遠方からもご支援いただける形を作りたいと考えていますので、その際には是非ご協力をお願いいたします。

今年の4月29日、亀時間は10周年を迎えます。
状況が許すなら亀時間の空間を使って、お祝いイベントを開催する予定です。
是非遊びに来てくださいね。

今年のご挨拶はお願いばかりとなってしまい大変恐縮ですが、皆様と共にコロナの苦境を乗り越えて、本当の自分を取り戻せる場、自由に人が集える場、出会いの場として再びお役に立ちたいと考えています。本年も引き続き、皆様のお力添えをいただければ幸いです。

亀時間 代表:櫻井雅之