IMG 6002

12月13日に開催された「ビーチクリーン&ティータイム」。
12月中旬とは思えないくらいの暖かい快晴に恵まれて、汗ばむ陽気でした。
今回が3回目の開催ですが全部良い天気。神様もビーチクリーンの味方してくれています。

IMG_5997

まずは浜で集合して、自己紹介。地元鎌倉の方、東京や川崎、遠くは亀時間に泊まってくれた長野の方まで11名も参加してくれました。今回は一緒に移動して、コミュニケーションを取りながらのビーチクリーン。拾っているうちに様々なことに気づくので、それを参加者同士で共有できたのが良かったです。

IMG_5999

目立つゴミは少なかったのですが、浜の端には新しいプラゴミなどが多く、海辺はガラスと陶器の破片が多かったです。

IMG_6014
こちら燃えないゴミ。

IMG_6022
こちら燃えるゴミ。

ティータイムでは持参していただいたマイカップに亀時間特製チャイを入れて、香菜軒の焼き菓子を食べながらシェアリング。
「鎌倉の良い思い出ができました」、「拾っているうちにだんだんゴミが見えてきて、面白くなって止まらなかったです」、「先日は茅ヶ崎でもやりましたが、鎌倉の方がゴミが多かったです」、「ずっとやってみたいと思っていたので出来て良かったです」、「ゴミの多さに涙が出ました」、「みんなで楽しくやれるのが良いですね」など様々な意見をいただきました。中でも「子供が裸足で走り回れる浜にしたい」というコメントが心に残りました。

IMG_6033-1
2回実施して様々な疑問が生まれたので、かながわ海岸美化財団に尋ねたところ、ご丁寧にお返事をいただきました。案内役のnaomiさんがその内容を説明してくれました。
興味深かったのは、鎌倉の浜にあるゴミの一番の流入源は、八王子の山奥から流れてくる境川であること。そしてその次が神奈川県の大きな河川、相模川から流れ出たものであること。
陶器片が多いのは、鎌倉時代から昭和まで、海がゴミ捨て場的に使われて、あらゆるゴミが捨てられてきたからとのこと。鎌倉の浜はビーチコーミングの聖地。素人には見分けがつきませんが、鎌倉時代のお宝が眠っているかもしれませんね。

プラゴミを素敵なアクセサリーにしている団体が石川県にあると参加者の方が教えてくれましたよ。ゴミを送ると、アクセサリーにして、どこのゴミかを明記してインスタに投稿してくれるそうです。https://www.instagram.com/kaeru_design/

また来年もビーチクリーンを開催しますので、みんなで楽しく浜を綺麗にしましょう!

ビーチクリーンはかながわ海岸美化財団のご協力で実施しています。

<MASA>