IMG 7786

今年で7回目となった秋の恒例イベント、獅子役者金子しゅうめいさんによる『ハレの間 時季わける 舞台亀時間』。天気にも恵まれて今回も満員御礼となりました。

DCIM100GOPROGOPR2872.
1年でこの日だけ現れる舞台亀時間。
襖を取り払い、太陽の光がたっぷりとラウンジに差し込みます。
この日に備えて大掃除が済んでいるので清々しいです。

IMG_7750
準備完了して、出番を待つ太鼓たち。

DCIM100GOPROGOPR2874.
挨拶代わりに建物の歴史を説明させていただきます。

IMG_7782
さて前半は、しゅうめいさんによる小さい太鼓から舞台が始まり、
その後ゲストの奏者お二人と共に太鼓と笛のお囃子演奏。
緊張感がビシビシと伝わってきてスリリングですが、息の合った合奏は熟練した奏者同士ならでは。
盛り上がりの後、見事にピタッと終了して拍手喝采です。

IMG_7820
大太鼓を叩くしゅうめいさん。
細やかな音から建物全体を震わせる大きな音まで多彩な表現で、
移り変わる自然のごとく音風景が流れていきます。
最近は少なくなってきた、背中で語ることのできる人。

カフェ店長ともによる手作り柏餅とお茶で休憩した後は、
後半、笛と小太鼓に乗って獅子が舞います。

IMG_7848
乗り移ったように生き生きと動く獅子。

IMG_7876
驚くべき獅子の跳躍力。決定的瞬間を捉えました。
カメラマンSumiの狙いすましたベストショットです。

IMG_7924
舞いが終ると参加者全員の頭を噛んでくれます。
一人一人に「いいことがありますように」と獅子の口の奥から願いを込めて。

IMG_7963
人身御供のように見える突き出された赤ちゃん。
でもビックリしすぎたのか大泣きしませんでした。

IMG_7974
鳴り止まぬ拍手喝采で円満に終了!
参加者の心に暖かいものを授けて、獅子は去っていきました。

「みんなの願いが獅子を存在させている。」
とは、いつもしゅうめいさんが仰っている言葉です。
獅子がいない世の中はきっと殺伐として世知辛く、僕たちにとっても生きにくいことでしょう。
来年も生き生きとした獅子が見られることを願います。
どうぞお楽しみに。

<MASA>