1年で一番日が長い夏至の日、6月22日。
TT(トランジション・タウン)鎌倉サロン主催の
廃油キャンドルナイト+暗闇カフェを開催しました。
初めてのイベントでお客様が集まってくれるか心配でしたが、
お陰様で予想を大きく上回る大盛況。

まだ明るいうちに、ゲストハウス亀時間のスタッフJUNによる
廃油キャンドル作りワークショップ。

そして暗闇カフェでは、鎌倉駅そばのベトナム料理カフェ「ソンベカフェ」(http://song-be-cafe.com/
のオーナー宇治さんが出張料理!
ズッキーニのソテー、じゃがいもの赤紫蘇風味、
イカと甘夏の和え物、アボカドとタピオカのデザートなど
工夫を凝らした品を、暗闇の中、みんなで味わいました。

亀時間から提供させていただいたのは、元々この建物で何十年も前に使われていた鉄釜で
炊いたご飯の塩おむすびと豆腐とネギのお味噌汁。
シンプルなので素材にこだわりました。
ご飯は山形の有機コシヒカリ、 塩は石垣島産、味噌は埼玉のヤマキ御用蔵製、豆腐は鎌倉小町さん。

この鉄釜で二升(20合)がいっぺんに炊けます。
60個以上のおむすびを握りました。

おむすびを握る女将ボランティアすずまゆ。


 
キャンドルの灯りだけなので、あまりみんなの顔も分からないのですが、
それぞれのテーブルで初めて会った同士も関係なく、遅くまでおしゃべりに花が咲きました。
宿のお客様もイベント参加していただき、地元の人たちと一緒に楽しんでいただけたのも
嬉しかったです。

また冬至の日にもイベントを企画したいと思っています。
お楽しみに!