最近はパワースポットブームの影響で、石好きな人も増えているそうです。
「歴女」ならぬ「石女(いしじょ)」も密かに増えているとかいないとか?!

2011年11月12日(土)に開かれた巨石写真家、須田郡司さんのスライド&トークショー「石に呼ばれて」。
お陰様で沢山の方々にご来場いただき、盛況のうちに終わることが出来ました。

世界を巡ったときのエピソードは、ある種のシンクロニシティだったり、
人間味あふれるこぼれ話だったり。
そして石にまつわる歴史や不思議な物語の数々。

日本での石巡礼においては、
須田さんは土地に到着してから、現地の人に聞き取りをしながら
石の聖地や不思議な巨石に導かれることも多かったそうです。

お客様もいつの間にか、ユーモアのある須田さんの話に引きこまれて、
世界の巨石から、日本の巨石までを一緒に旅しました。
終盤では震災で大被害を受けた東北の石の話しも聞かせていただき、
失われて二度と戻らない、かつてあった町と自然に改めて心を痛めました。

お話から伝わってくるのは、須田さんの石に対する熱意、そして愛情。
それらの感情を言い換えると「石に呼ばれて」になるのだと改めて納得しました。

トークショーの終了後は懇親会。
亀時間からは、石に因んだスペシャルメニューが登場。

石焼シチューは、
熱く焼いた石をシチューに投入すると
ブクブクと気泡が湧き、水蒸気が立ち上りました。

二人前メニューの石焼ビビンバも人気でした。

懇親会ではこっそりローリング・ストーンズをBGMにかけていたのですが、
気づいた人はほとんどいませんでした。
いや、全くいませんでした・・・。

石にまつわる話は尽きることなく、
須田さんを囲んで夜更けまで語らい合いました。

彼は現在、京都大学の共同研究員として、
日本と世界の巨石文化の比較研究をする傍ら、
全国のモンベルサロンにて、
『須田郡司写真展「聖なる石と出会う旅」& 石の語りべ』を展開中です。
お近くで開催される際は、是非足を運んで見てくださいね。

須田郡司公式HPはこちら

http://www.sudagunji.com/