ちょっと前のことになりますが、
今年の8月に亀時間IT本部長スミが、友人の結婚パーティーに行ったところ、
アフリカンシャツを着た僕にそっくりの格好をした人を見かけて、
こっそり写真を撮って来ました。

どうでしょう、一瞬同一人物にしか見えませんね。

昨日の夕方、修繕などの大工仕事を終えて、
亀時間の縁側にて宿直スタッフKouとコーヒーブレイクしていたところ、
知り合いのMちゃんが自転車に乗って前を通りかかりました。

二人で「Mちゃん!」と声をかけたのに、
かすかに会釈したかなあ、という微妙な仕草を残して、
そのまま通りすぎて行くではないですか。

「あれえ、ずいぶん素っ気ないねえ。」と僕らは思わず顔を見合わせました。
「僕達、何か悪いことしちゃったのかね?」
「女性は色々と難しいからさあ。」
とあれこれ理由を詮索したのですが、腑に落ちず。

するとMちゃんがしばらくして戻ってきました。
ああ、僕達が失礼をして嫌われた訳ではなかったと思いきや、
開口一番「あのー私、別の人に間違われているみたいなんです。」
僕らは「えっ!?」
「私は逗子に住んでいるんですけど、
鎌倉を走っていると、よく知らない人から挨拶されるので、
誰かに似ているのだとは感じていたんです。
特に最近その頻度が高くて困ってました。」
今回、初めて名前で声をかけられたので、意を決して戻って来たというのです。

彼女はそんな風に言うけれど、どうみてもMちゃんにしか見えません。
「え、Mちゃんじゃないんですか?」
「実は私もMというのですが、苗字です。」
なんと苗字と名前の違いはあれど、漢字まで同じという奇跡的な偶然の一致なのでした。

宿直スタッフKouが鎌倉のMちゃんの写真を持って来て、逗子のMさんに見せると、
「はあ、確かに似ていますねえ。」とぽつり。
メガネをかけているところ、ショートヘアの髪型までそっくりです。
「私、どうしたらいいのでしょうか。その方の印象が悪くなるのも申し訳ないので、
なんとなく会釈だけはするのですが。髪型を変えたほうがいいのかしら?」。
深刻な表情をするMさんに宿直スタッフKouは、
「そんな必要ありませんよ、間違えられて不快な思いをされたでしょうね。」と、
彼女の困惑をおもんぱかった優しい返事をして別れました。

鎌倉Mちゃんの旦那さんは鎌倉駅近くでカフェを営んでおり、
Mちゃんもたまにいますと伝えてショップカードを渡したので、
いつか、二人が会うことがあるかもしれません。
その時、二人が、そして旦那さんがどのような反応をするのか興味深いです。

同姓同名というのは、それほど珍しい話ではありませんし、
グーグル検索すれば自分の名前が出てくる人も多いでしょう。
でも、この地球上に外見が自分そっくりの人がいると想像すると、
ちょっと不思議な気分になります。
北朝鮮の某偉い人、サダム・フセイン氏、オサマ・ビン・ラディン氏らには、
替え玉がいるとかいう話を聞いたことがありますが、
多分ひげや特徴をわざと似せているだけで、
実際にはそれほど似ていないのではないかと推測します。

血縁でもないのにDNAの配列が偶然似てしまうことがあるのでしょうか。
自分のそっくりさんがいて、その人がもし悪人だったら、あるいは自分よりモテモテでも嫌ですね。
もしかしたら貴方のすぐ近くにも、貴方のそっくりさんが住んでいるかもしれませんよ。

<MASA>