P1140617

今年の鎌倉は台風の直撃も無かったので、紅葉が昨年よりも綺麗だと感じます。
昨日、晴れ間の広がった午後に鎌倉でも随一の紅葉名所、獅子舞に行って来ました。
多様な広葉樹林の広がる鎌倉の山ですが、なぜかこの一帯だけ銀杏の巨木たちと、
それに負けじと背を伸ばした紅葉の木々が美しさを競い合っています。
別名、紅葉谷とも呼ばれているそうです。

これまであまり有名になってほしくないので掲載自粛してきましたが、
もはや周知の観光名所として賑わっているようですのでご紹介します。
写真は修正すると現実離れしてしまうので加工してません。


鎌倉宮の奥、永福寺跡を左に見ながら進んでいくと山道へ。
ぬかるんだ道を天園ハイキングコースに向かって登っていきます。


山に入って10分もしないうちに到着。午後3時頃でもまだこの場所目掛けて向かう人たちに会いました。


文字通り燃えるような赤に染まるモミジの木。


いちょうの黄色、モミジの緑と赤。

いちょうの落ち葉が敷き詰められた登山道。


いちょうの木からは葉っぱがあらかた落ちていました。


訪れる人はあちこちの空に向かって何度もカメラを構えたくなってしまいます。


先客が岩の上に綺麗に配置してくれたようです。

紅葉の期間はそこそこ長いもののそのピークはとても短く、散る桜と同じような儚さを感じます。
夏に比べて静けさを増した晩秋の山の中。冬支度を進める木々に季節の巡りを教えられました。

<MASA>