いよいよ追い込みの時期です。

押入れをベッドにするために改造しています。
「夏の暑さと冬の寒さをしのぐ為、断熱材を入れて、板を張る」
と書けば一行ですが、長年を経て微妙に変形しているため、
丁度に板をはめ込むのが大変でした。

漆喰塗りにご近所のけんいちくんとTTつながりの笙子さん。

そして、大家さんも外回りの掃除を手伝ってくださいました。

小学校の先生のいーちゃんも漆喰塗に挑戦

今日半日作業をして貼り終えた障子は

外す時に場所を確認しておかなかったため

はめるのがパズル状態。

全部手作りなので、サイズが微妙に違うのです。

障子一枚につき、4つの小さな障子がはめこまれています。

障子が8枚なので全部で32枚。

可能性としては32×32の組み合わせがあるわけで。

一人で20分かけて28枚をはめたものの、最後の4枚で行き詰まり、

助けてー!!とレスキューコールで全員集合。

完成するのに大人3人で30分かかりました。

無事にはめ終わった時には思わずハイタッチ。

作業をしてから学ぶこと多しです。

日本の古い家屋は手間ひまかかって手作りされているんですね。