亀時間の物件は以前ステーキ屋さんとして使用されており、
厨房器具、荷物がそのままに、15年前で時が止まっていました。

厨房器具が使えたら有り難かったのですが、
さすがに電気を入れても動きません。
捨てるのはしのびないけれど、断舎離です。
厨房器具などは大型なので、捨てるのが大変。
他にも沢山のゴミがあったので解体業者さんに
来てもらうことになりました。


<写真は業務用コンロを解体しているところ>


><写真は昔の看板を撤去しているところ>

作業をしてくれた人は丁寧なプロの仕事でテキパキと片付けを進めます。
ゴミで囲まれていた室内はすっきりとしました。



でも裏庭と厨房はあと一息。外を片付ければ地中からもゴミが。
15年経って、土にかえるものとかえらないものたち。
ゴミについて考えさせられました・・・。

結局一日では作業が終わらずに、来週月曜日にはもう一度撤去解体作業です。