亀時間の入り口脇に生えている一本の松。
かっこ良い形をして、建物全体の素晴らしさを引き立てています。

これまで特に手入れをすることもなく、放置していたのですが、
二週間前、週末カフェに立ち寄ってくれたお客様が一言。

「表の松が荒れていますね・・・。」

ガーン!と脳天を鈍器で殴られたような言葉でした。
彼はプロの植木職人さんなのでした。
松ってこんなものだろうと思っていたのですが、
手入れをしてあげないといけなかったんですね。

植木職人のけんじさん、
世界一周をした元旅人だというではないですか。
旅話を楽しくあれやこれや話していたら、
松の剪定をしてくれることになりました。


翌週の日曜日、職人姿のけんじさん登場!

松は枝先までしか、葉を茂らせてはいけないそうです。
それ以外のムダ毛ならぬムダ葉は丁寧に引っこ抜きます。

そして、どの枝を残し、どの枝を切るかという剪定作業。
やり方は言葉では表せません。
けんじさんに聞いても、正解のない世界とのこと。
親方のやるのを見て覚えるしかないのだそうです。


そんなことを話しながら作業を眺めていたら、
「ちょっとやってみる?」
と声をかけてくれました。
もちろん即答で
「やらせて下さい!」。

自分の身体を動かして作業をすると、
少しづつコツのようなものが見えてきます。
習うより慣れよということですね。


正味1時間もかからずに、すべての作業が終了。
紐を使って少し形も矯正してもらいました。
すっかりさっぱりとして、この爽快感は床屋さんに行った後のよう。


春になったらまた葉が茂り始めて、
亀時間を彩ってくれるでしょう。

<MASA>