2012年10月6日に材木座海岸にて流鏑馬が行われました。
10年振りの開催とのことで、いつもは静かな秋の材木座海岸が
大勢の見物客で賑わいました。
実演していただいたのは、日本古式弓馬術協会武田流鎌倉派の方々。
四頭の馬が、浜を駆け抜けました。


まずはお披露目です。


日の丸扇子を使って交通整理する係。


馬も朱色の装飾を施され、乗る人も衣装が決まって格好いいですね。


時速60kmは出ているのではないでしょうか?両手を離して乗るだけで難しそう。


的に当たったかどうかを確かめる審判員。


矢が見事命中!

大きな的から小さい的に変わります。難易度が高くなりましたが、しっかりと板を真っ二つに割った瞬間。


目の前を颯爽と馬が走っていくのを見ているだけで楽しいです。


鶴ケ岡八幡宮の流鏑馬は有名すぎて見物客で溢れかえりますが、材木座は目の前で見ることができます!

秋晴れの海辺を馬が駆けている姿は、いにしえの光景を彷彿とさせてくれました。

<MASA>