鎌倉・材木座が誇る国の史跡「和賀江嶋(わかえじま)」。
知らない人も多いと思いますが、1232年鎌倉時代に作られた日本最古の港の遺跡です。
鎌倉の海は遠浅で、大きな船が着けられなかった為、幕府によって作られたそうです。
たったの23日で作られたことから分かるように、当時もただ石を積み上げただけでした。

江戸時代に修復されたことがあったものの、石は時の流れと共に波に洗われて、
次第に周囲へ崩れていきます。
現在、普段は海の中に沈んでいますが、大潮の引き潮時に材木座海岸の左側、
沖合に浮かび上がります。

9月の新月に近い某日、第二次亀時間探検隊は、最大干潮9時55分を目指して朝9時に亀時間集合。
ビーチに出てみると、海の家もほぼ解体が終了して静かな海が戻ってきていました。
水温は高くてまだ泳げるし、海も静かなのでとても好きな時期です。
既にかなり潮が引いており、浜はとても広くなっていました。
空もいつもより広く感じます。


遠浅の平らな浜辺には水が鏡のようになり、
まるで旅人憧れの地、南米ボリビアのウユニ塩湖のような状態に。
ロミ隊員、亀時間手ぬぐいを粋に巻いています。

こんな不思議な生物が海面に浮かんでいました。
後で調べてみたところ、「銀貨海月(ギンカクラゲ)」というのだそうです。
青い触手のようなヒラヒラが綺麗ですね。

こちらが目指す和賀江嶋。わかえのしまとも呼ばれますが、遠くに見えるのがみんなご存知の江ノ島です。
今日は水も透き通っていて綺麗です。


石がゴロゴロ、乗ると転がることも多いので歩くのは楽ではありません。
水着を来てくるべきでした。上陸に難儀する隊員たち。


磯は生きもののゆりかご。色々な稚魚を見ることができました。

ほぼ最大干潮時に上陸成功。碑のような石柱がありますが、何も書いてありません。
船を係留するためのものでしょうか。

隊員たちは各自、気になったものを探します
ゆりこ隊員は風邪気味で、あまり水に浸かることができず。

引越しを検討中のヤドカリ。高い家賃がきつくなってきたのでしょうか。

写真真ん中をよく見ると蟹がいます。

左向け左のカモメたち。

ロミ隊員は水中カメラを持参。海の中の世界へようこそ。

ロミ隊員の今回のベストショット、ハゼくんとエビくんの密会をスクープ。

黒と黄色の縞々が綺麗なこの小魚。
調べたのですが名前は分からずじまい。

漁から帰ってきた漁船も和賀江嶋を防波堤にしています。

次第に潮が満ちてきて撤退しました。


浜辺を駆ける子供たち。のびのび育っています。

今回の探検はたったの2時間でしたが、
材木座の知らない一面をまた垣間見ることができました。
島にいた方に伺いましたが、網があればカワハギが捕まえられるチャンスもあるそう。
和賀江嶋を訪れる方は、裸足では歩きにくい場所なので、
水陸両用靴を持っていたほうがいいですね。

<MASA>