4月29日(日)に開催された亀時間一周年イベント「亀時間縁日」。
最高の晴天に恵まれて、本当に沢山のお客様で賑わいました。
美味しいもの沢山!
楽しい出し物も沢山!
そして笑顔が沢山!
建物の内と外に、いい空気が溢れていました。


亀時間のロゴ及びフライヤーデザインをしていただいた矢谷左知子さんによる草菓子と草暦
ディスプレイが美しいですね。


バハディ食堂のマスター、ミスターK
右側のグルグルは南アフリカ名物ボアウォースというソーセージ。
いつも何が出てくるか分からないびっくり箱食堂です。


ベツバラドーナッツ!
そのネーミングだけで、買わずにはいられません。


玄米海苔巻きとおはぎの伊勢屋さんは早々に完売。
商品の写真が無いのです。

pompon cakesさんも遅れて登場!行列の出来る大人気ぶり。


Cafe Kamejikan特製フルーツポンチ


Cafe Kamejikan特製欧風たこ焼きタコヤキーヌ


宿直スタッフRomiお手製のカメたち
一つとして同じものはありません。
ご近所の鮮魚店「魚常」さんから頂戴した発泡スチロール製。


頭から垂らした竿で亀を釣れ!亀釣りゲーム。
この女の子は、一気に二匹釣ってしまいました。


沢山の子共たちにも楽しんでいただきました。


亀時間ワールドマーケット。日本代表はフランスでもブレイク中のKokeshiだ。

亀時間では音楽ライブをやらないのですが、本日は特別。
ジンバブエの楽器、ムビラを演奏するパシチガレ・ムビラズ。


「亀時間が出来るまで」 スライドショー


手ぬぐいデザイン選考会。
一つしか選ばれないなんて、もったいないくらいの秀逸なデザインが集まりました。


トリの出し物はアラブ・アフリカ歌舞団 Beni Mashamba(ベニ・マシャンバ)。
会場を大いに盛り上げていただきました。

最後に亀時間のビフォアーアフター。


2011年2月22日撮影 
15年間使われていなかった古民家でした。

2012年4月29日撮影 
人と人とが出会い、笑顔が生まれる場所に生まれ変わりました。

振り返ってみても、東日本大震災をまたいだ三ヶ月の改装作業、
そして開業してからも怒涛の毎日で、
本当にあっという間に一年が過ぎました。

「縁日」の名の通り、この鎌倉及び逗子・葉山地域、
そして遠方より応援していただいている皆様、
ご宿泊いただいた皆様のご縁により、亀はゆっくりと二歩目を歩み始めました。
この記念日を沢山の皆様とお祝いできたことが、スタッフ一同何よりの幸せです。
この場を借りて、改めて御礼申し上げます。
また次の亀時間縁日でお会いしましょう!

<MASA>