亀時間のお正月は御守を、年が変わった0時0分0秒ピッタリに、
その年の方角の壁に貼り付けるところから始まります。
御守は女将がわざわざ早稲田の穴八幡宮に赴いて戴いてくるもの。
脚立、時報を聞くための電話など事前に準備しているのにも関わらず、
毎年直前になるとバタバタしてしまいます。

えいっと、時報とともに貼り付けると「ハッピーニューイヤー!」
台湾から来た右の男性は「アケオメ!」。
今時の言葉まで知っていたことに驚きます。

年が明けましたので、周辺の神社仏閣巡りをしてみましょう。

ライトアップされた材木座光明寺の入り口。
昼間とは全く違う雰囲気です。

除夜の鐘を付く人たちで賑わう境内。

こちらは亀時間周辺地域の氏神様、五所神社の静かな参道。

五所神社は本殿まで上がってお参りできるのが嬉しいです。

こちらもひっそりとした落ち着いた雰囲気の元鶴岡八幡。
神妙な気持ちになります。
全国有数に賑わう鶴ヶ岡八幡宮とは対照的ですね。

足を伸ばして小町の本覚寺へ。

恵比寿様を祀っているので、商売繁盛を祈願する大勢の参拝者で賑わっていました。

深夜2時頃、除夜の鐘も5分と並ばずにつくことができました。

もう少し頑張ると鶴ヶ岡八幡宮まで行けるのですが、
わざわざ混んでいる場所にいくこともないだろうと諦め、
おでんを食べて亀時間に戻りました。
この日ばかりは門限なしです。

八畳間の床の間も正月仕様。

今年のお雑煮は僕の両親の実家、新潟県魚沼の風習にならい、
お雑煮とぜんざいを両方提供。魚沼のお雑煮は本来鮭が入りますが、
今回はベジタリアン仕様。

アートディレクター、ロミ製作のオリジナルお飾り。

今年も皆様のお越しをお待ち申し上げております!

<MASA>