2013年2月の冬眠期間、インドネシアのバリ島へ視察(笑)に行ってきました。
休み明けは確定申告やら溜まった仕事をこなしているうちに、
無常に月日は流れて、もう梅雨明けして夏到来。
今更の感は否めませんが、お勧めできる宿とレストランをご紹介します。

最初にバリを訪れたのは15年も前の話で今回が3回目。
訪れる度に発展を目の当たりにしてきましたが、決してその魅力は失われておりません。
今回、デンパサール空港からまず向かったのは内陸の町ウブド。
郊外に広がるのんびりとした田園風景が魅力です。

視察にあたって、高すぎずコストパフォーマンスの良い宿を時間掛けて調査。
宿検索サイトは無数ありますが、トリップアドバイザーが一番参考になりました。


●お勧め宿(その1) Bayu Gest House


2児の母、カデックさんが切り盛りする3部屋しかない小さなゲストハウス。
モンキーフォレスト通りという、ウブドの目抜き通りに位置しているため、
最初はどうかなと不安もあったのですが、通りから細い路地に入ること200m。

中心部で奇跡的に残っている田んぼのすぐ隣にあり、
良い立地にも関わらずウブドらしさを味わうことができます。
選べるなら2階のお部屋か、1階の田んぼに面したお部屋を。


2階の共有バルコニーは朝と夕方に田んぼを眺めてのんびりするのがお勧め。


まだできて数年しか経っていないので新しく清潔感があり、
毎日清掃が行き届いているので不快指数ゼロ。

この値段でいいのですか?と思うような広い室内、各種設備、サービス
とカデックさんのアットホームなおもてなしが嬉しい宿です。


部屋まで運んでくれる朝食。バリはフルーツ天国です。

Bayu Gest House インフォメーション
ホームページ:http://bayuguesthouse.com/
住所:Monkey Forest ST, Lane Mandia Bungalow No 3, Ubud
価格:2人部屋 RP450,000 (税・朝食込み) 
キングサイズベッド、エアコン、寝具、バスタブ、ドリンク、TV、 DVDプレイヤー、冷蔵庫、フリー Wi-Fi
予約方法:直接予約のみ

●お勧め宿(その2) Sama’s cottages

バリは日中暑いので、宿に戻ったらプールでクールダウンしたくなります。
プール付きのコテージを探しまくって、行き着いたところがこの宿。
ちょっと中心部から離れますが、王宮まで10分かかりません。

緑溢れる敷地にコテージが点在。


猫が二匹飼われていて、マイペースに昼寝したり遊んでいたり。


毎日清掃されるプール。


スタンダードエアコンタイプのお部屋。


お部屋まで持ってきてくれる朝食。パンケーキ、フルーツジュースは数種類の中から選べます。
濃密に鳥たちの鳴き声が聞こえるバルコニーで食べる朝ごはんの時間が、何よりの贅沢でした。

Sama’s cottagesインフォメーション

ホームページ: http://www.samascottagesubud.com/
住所: Jalan Bisma,Ubud
価格:スペリールファン(4 コテージ) 2人 Rp 480,000
    スタンダードエアコン(3 コテージ) 2人 Rp 580,000など
予約方法:直接予約のみ

バリ島の料理といえば、ナシチャンプル。
インドネシアの定番メニューですが、その味はレストランによって全く異なります。
あちこち食べ歩きましたが、ご紹介する二軒のお店はレベル高いです。

●お勧めレストラン(その1) Biah Biah

日本人の方が運営されているとのことですが、ローカルな味をローカルプライスで楽しめる良心的なお店。
思わず何度も通いました。


ナシチャンプル、ナシゴレンなどどれを頼んでも美味しい。

●お勧めレストラン(その2) Sari Organik

ウブド王宮から北の田園地帯へ行くじゃらんじゃらん(お散歩)コースの途中にあるお店。

田んぼに囲まれた最高のロケーション。


ベジ・ナシチャンプル。
すぐ近くに所有する有機農園で育てられた野菜を使って調理されています。
ローフードメニューなどもあり、ベジ系レストランではかなりモダンです。

次回バリ島のお勧め宿とレストラン(サヌール編)は秋頃に掲載予定(笑)?!

<MASA>