5月21日の昨日、全国を駆け回り手軽な”独立型太陽光発電”を提案している
イオさんこと早川寿保さんによる太陽光発電のワークショップを亀時間にて開催しました。


前半二時間は座学で、スライドを見ながらしっかりとお勉強。
ワット、ボルト、アンペアなどすでにうろ憶えとなっている知識を
再度頭に叩き込みます。自宅にどのサイズのパネルが必要なのか、
ソーラーパネルで何を動かしたいのか、実際に設置するときには必須の基礎知識です。


コンセントが行方不明になり急きょパソコンをソーラーパネルに接続してのスライドショー。

話は電気だけに留まりません。時間が許すならば、何時間でも話をしているというイオさん。
宇宙の話から、日本の歴史、意識やお金の話まで。
そしてどうしてイオさんがこの活動を始めるに至ったのか。
だんだん語りが熱を帯びてきて、予定時間を越えてしまいますが、
興味深い内容にどんどん引き込まれていきます。

そこには彼の劇的な人生のドラマがあったのですが、ここで書いてしまうより
是非お近くにイオさんがやってきたときに、ワークショップに参加して直接聞いてみてくださいね。

後半は、亀時間の縁側に移動して実技編。


4班に分かれて作業開始。


恐る恐る配線を繋げていきます。ビリッときたらどうしよう。


ソーラーパネルに、コントローラー、バッテリーを繋げて、実際に電気製品を動かしてみます。


無事にランプが点灯しました!の瞬間。


最後はお決まりの記念撮影。
銀河電力亀時間発電所、一号機、二号機、三号機、四号機、無事に完成しました!
変な顔をしているのは鎌倉駅近カフェの某店長。

イオさんが提案するのは売電などができる系統型の太陽光発電ではなく、
独立型の発電。それは彼が伝えたいのが、電気を売って儲けるとか、
オール電化なのではなく、現在のシステムからの独立、ライフスタイルの転換だからです。
そして大事なのはまず自分で電気を作る喜びを味わうこと。
全部のキットを購入すると数万円はかかりますので、
簡単な買い物ではありませんが、近い将来亀時間でも挑戦する予定。
家庭菜園をやるように、電気も少し自給してみたいと思います。

講師:早川寿保さん (オフグリッドインストラクター)
アウトドア・宇宙・地球への関心から自然エネルギーを独自に研究
され、自宅で自作の発電システムを稼動されています。ペットボト
ル利用し、太陽光 でお湯を作るシステムも実践中。
ワークショップを開いてもらいたいかたはこちらのFACEBOOKページよりどうぞ。
https://ja-jp.facebook.com/toshiyasu.hayakawa.7